English

「英語が話せない」恥ずかしさを打ち破るために

英語を話したい、話せるようになりたい、英語で外国人と交流したい。

このような気持ちを持ちながらも、うまく話せない人を多く見てきました。何を隠そう、僕自身もそのようなタイプだったので思うようにいかない人たちの気持ちがわかります。

なぜ英語が話せないのか、どうしたら話せるようになるのか、そのきっかけをつかめるのか、今回は僕が考える原因と対策みたいなものをお伝えしたいと思います。

実は基礎が身についている人の方が多い

僕がよく感じたのは、英語を話したい、話せるようになりたいと考えている人の多くは、実は英語の基礎がすでに身についていたことです。

日本では中学校から英語の授業が始まり、多くの方は中学、高校と6年間、大学進学をすればさらに長い時間英語の勉強をしています。そこで教わったのは文法ばかりで会話の練習はなかったと思うかもしれませんが、いずれにしても会話に必要不可欠な英単語や表現を多く教わったはずです。

英会話スクールに通い、さらに練習を積んでいる人もいました。ここまですれば英会話をするための基礎は一通り身についているはずなのです。

にも関わらずうまく話せないのはなぜか?

このような方に共通する行動を見ていて気づいたことがあるのです。

完璧を求め、間違いを恐れる

話したいのに話せない人たちにどのような共通点があるのか?それはズバリ、

完璧を求めすぎて、間違いを恐れすぎること

これに尽きます。

もしかすると、あなたにも思い当たる節があるかもしれません。完璧を求めるということは、ミスは許されないということです。

間違いが許されないというのは、日本においては本当によくあることです。学校の試験だって、文法上の粗探しみたいなことをして減点をしてきます。3人称単数現在形のsをつけ忘れた、名詞の単数系、複数形を間違えた。その程度のことで減点されます。

この程度のミスがなんだというのでしょう?将来は英語圏で物書きになったり、論文を書くような学者を目指しているのならば正しい英語を書くことは必要でしょう。しかし初級者の段階からこんな粗探しばかりをされたら、英語を使えるようになるという本来の目的から外れ、粗探しゲームをミスせずにクリアすることが目的になってしまいます。こんな些細な違いで大筋の意味が伝わらなくなるなんてことはありません。

今では多くの外国人が日本に住み生活されていますよね。お店に行けば外国人が応対をしてくれるケースもかなり増えています。そんな中で彼らが少しくらい不自然な日本語を使っていたとしてもおおよその意味はわかりますし、外国人だから当然だと思いますよね。それと同じです。

もちろん流暢に話せた方がいいのは当たり前です。しかしそういうレベルにたどり着くには、最初は下手でもなんでもいいから練習をしないといけません。練習の段階でのミスすらも許されないとしたら、どこで練習をすればいいのでしょうか?

結果、間違いを恐れて挑戦すらしないということが起こります。せっかく練習台となるべき外国人が目の前にいるのに、間違いを恐れて話そうともしない。その結果「今日も話せなかった」という結果だけが残ります。そして次も同じようなことをしたら・・・最後に残るのは「私は英語が話せない」という負の固定観念となってしまいます。これは非常にもったいないことだと思います。

当たって砕けない

これも先述の内容と少しかぶるのですが、こんな状況がありました。

外国人、僕、日本人の友人の女性というシチュエーションで、友人の女性は英語が上手になって外国人と仲良くなりたいという気持ちもありました。しかし彼女は、せっかく目の前に格好の練習台がいるのに、本人に直接話さずに

「ねえ、こういう風に言いたいときは、こういう表現でいいの?」

と僕に向かって確認をしたりするのです。

これと似たような状況を何度も経験しましたが、これも非常にもったいないと思います。

間違えたら恥ずかしい。間違えたらどうしよう。伝わらなかったらどうしよう。

こんな心理が先にあったのではないかと思います。

ひょっとすると、僕が同席していたというのも関係していたかもしれません。彼女からすると僕は英語が上手いと思っているので、僕の前であまりカッコ悪い思いをしたくないという心理が働いたのでしょう。

もっとも僕は、自分の英語が上手いなどと思ったことはありませんが…僕はただ、私生活や仕事において英語を使う機会が少し多くて、なんとかコミュニケーションが取れるレベルになれたというだけです。上手さでいうならば、もっと努力している人や帰国子女、留学経験者にはかなうはずもありません。

いずれにせよ彼女がこのように考え、何を話すにも僕の顔を見て「これで大丈夫?間違ってない?」と縮こまってしまったことにより、彼女は上達の機会を一度逃してしまいました。逃したのがこの一度だけならばいいですが、おそらく何度もこのようなことをやっていたのではないかと思いました。

上にも書いた通り、上達にはやはり自分の口を動かし、耳で聞いて会話するのが一番です。そこで間違えるのも必要なステップです。せっかくのチャンスを「間違いないように無難にやり過ごそう」と考えてしまうのは非常にもったいないと思います。

僕は歌が歌えません

さてここで話題を変えて、僕のエピソードをお話ししようと思います。しかしその前に一つ質問をさせてください。

皆さんは歌が歌えますか?

上手い下手は問いません。鼻歌を口ずさんだり、カラオケを歌ったりできますか?

おそらく多くの方が「それくらいならできるよ」と思ったことでしょう。

僕にはできません。歌をさりげなく歌える人がすごい人に見えます。

じつは小学生の頃の僕は歌が上手でした。特に高音がきれいだということで、小学校の音楽の先生がわざわざ夜に家まで訪ねてきて「あなたの息子を合唱団に入れさせてください!」と説得に来るほどでした。当時の親は教育ママだったので入ることはありませんでしたが。

中学生になった時、すべての男子が経験する「声変わり」によって僕の自信はぶち壊されました。

声変わりしたことにより前のような高音が出せなくなり、歌の歌い方がわからなくなりました。さらに中学校に上がったばかりの僕はいじめの対象となってしまいました。そんなタイミングの中、音楽のクラスで一人ずつステージに上がってみんなの前で歌を歌う試験がありました。

そこで歌を披露した僕は・・・クラス全員から大笑いされ、その時はいじめられっ子だったために何ヶ月もそのことをからかわれ続けました。それ以降、独唱ではなくてみんなに合わせて歌を歌っただけで「おいみろよ!あいつが口開けて歌ってるぜ!ギャハハハ!」なんて笑いの対象になるのです。

子供ながらに相当落ち込み、自信を失い、以降は声を出すのもイヤになりました。

急に音痴になったのか、もともと音痴だったのか、それとも音痴ではないけど低い声で歌うコツをつかんでいないだけなのか。原因はわからないままですが、そんなことよりもとにかくイヤになってしまいました。大人になってからも、カラオケとかに行くことすら怖くて、とにかくそういうシチュエーションを避けていました。バイト先の飲み会だとか学校のゼミだとか、そういう大人数集まる場面だともう怖くて歌えません。どうやってカラオケに誘われる前に退散するか、こればかり考えていました。

とはいえ親友に誘われて二人でカラオケに行くことはあり、そういう時は普通に歌えていたから不思議なものです。

なぜこんな話をしたかというと、僕にとっての「歌」と、英語が話せない人にとっての「英語」には共通点があると思うのです。

僕は「英語なんか使いまくればなんとかなる。完璧を求める必要もないからどんどん使えばいい」と書きました。そして僕の歌下手のエピソードを読んだ方は「歌なんか誰でも歌える。下手でもいいから大きい声で歌えばそれっぽく聞こえるよ」と思われたかもしれません。

さらに僕が「英語は間違えてなんぼ。悔しい思いも次のステップになる」といえば、歌が歌える人は「歌手みたいに歌う必要なんかどこにもない。みんな人の歌なんか覚えてないからまず自分が楽しめばいい。そのうち歌えるようになる」と思うかもしれません。

このように見ると、英語と歌は別物でも自分の心のバリアを破るための第一歩って同じに見えませんか?

僕が歌下手を克服するのはいつのことになるかわかりません。もう若くもなく、自分で自分の行動を選ぶ年齢なので、自分から進んで歌を歌いたいと思わない限りその機会は訪れそうにもありません。

悪循環を好循環に変えよう

最後の方は、英語とは関係のない話となってしまいましたが、心理的なバリアがいかに人の成長を妨げるかをお伝えしたくて長々と書かせていただきました。

面白いもので、歌恐怖症の僕でも英語に対する恐怖症はまったくありません。思い返せば、当時はいじめられていたので、英語のクラスで英語の発音をした時も、歌を歌った時と同様にからかわれていました。何が違ったのかといえば、大人になってから半強制的に英語を使う機会を与えられたことだったのかなと思います。

冒頭でも書いた通り、中学・高校と英語を勉強してきた私たちは基本的な会話をするために必要な知識は備わっているはずなのです。あとはちょっとした心持ちだけです。それだけで結果に大きな差をもたらすので、皆さんもポジティブなイメージと、今一度だけ不安と恥ずかしさの壁を破る勇気を持ってみてください。心の壁を突破して一歩外に踏み出せば、そのあとは何百倍もラクになるはずですから。

-English

Copyright© dawaan , 2020 All Rights Reserved.