World

外国人に人気のない日本企業

以前、僕の身近なタイ人が勤めていた日系企業を退職しました。

 

ずっと憧れていた仕事に就くために大学で勉強をがんばって、採用された時は非常に喜んだのですが、日本式の仕事に嫌気がさし、一年ほどで退社しました。

 

僕も少し相談を受けたのですが、きついと感じているなら無理せずに辞めることをすすめました。当初から僕は、日本企業ではなくヨーロッパやアジアの企業の方が働きやすいはずだと思っていたのですが、日系企業が一番先に採用のオファーを出したためここに決めたという経緯があったそうです。

 

話を聞いていると、その会社では外国人従業員の離職率がかなり高いそうです。経済的な事情で退職できない人や、次が見つかれば退職したいと考えている人も含めれば、潜在的な退職希望者はかなり多いのではないかと感じました。

 

タイにおいては日本の食べものやファッション、化粧品、文化など、日本的なものは人気なのですが、仕事においてはそうでもないようです。この企業の場合は、人気のある業界のため採用する企業側に有利な状況だそうですが、それにも関わらず離職率が高く、常に採用をかけて人員を補っているそうです。

 

ではタイを含む東南アジアの人たちはこの企業のどんな部分が不満なのか、また満足している部分はあるのか、あるサイトに投稿されたレビューをみていたら、この企業に特有なものではなく、日系企業、特に大企業に当てはまる部分が多いのかなと思い、代表的なコメントをまとめてみました。

日本企業の不満な点

給料が安い

多かったのは給与に対する不満でした。

これは僕の体感でもありますが、日本企業は東南アジアの国々を下にみる傾向があり、「発展途上国の人だからこのくらいあげれば喜ぶだろう」と考える向きがあると感じています。

タイの一人当たりGDPは6593ドル(2017年)と日本の1/6程度ですが、この数値は、農村で自給自足に近い生活をする人たちもすべて含んだ数値だと考えられます。農村出身で質素なタイ人妻とタイに住んだ感覚から申し上げると、日本の1/6の給料では、地方都市であっても生活を送るのはかなり困難です。地方出身者が単身でバンコクなどの都市部で勤務する場合、とても一年6500ドルではやっていけないでしょう。

全然昇給しない

昇給が遅いという不満もかなり多くみました。

タイにおいては毎年のように物価が上昇しているので、それに合わせて給料も上がってくれないと生活水準を維持できません。しかし日本においては長年のデフレの影響で賃金が伸び悩んでいて、その心情をそのまま外国の従業員にも当てはめてしまっているのかもしれません。

いじめが多い・上下関係が厳しすぎる

これもかなり多くありました。僕が実際に聞いた話では、日本人と外国人で扱いが違うということが往々にしてあったそうです。

たとえば研修を受けている時、東南アジア出身の従業員はエレベータの使用を禁止されていたそうです。また面倒な仕事を外国人スタッフにばかり割り当てたりという不公平もかなり見受けられたそうです。

僕の学生時代、ある運動部において軍隊のような風潮が残っていて、下級生は常に走って登下校をし、もし先輩の顔を見たらカバンを投げ捨てて敬礼をするなんていう気色悪いナンセンスなことをやっている部もありました。エレベーターの件を聞いた時にこの運動部のことを思い出し、21世紀になってもこんなことをやっているのかと驚きました。

ちなみにですが、この企業は日本人なら知らぬものはいない有数な企業です。ある意味ではもっとも日本的な体質が出やすい組織なのかもしれませんね。

会社への忠誠という理由で無理な要求をする

長時間労働や無理なシフトを強いるという不満も多くありました。その時には決まって「会社のため」という理由がつくそうです。

日本においても、有給を取ろうとしたら「あなたが休んだらその分みんなが困るじゃない」なんて言われてしまい、有給を取れないという話もよく聞きますが、それと似ていますね。

従業員が休むことも含めて計画するのが管理職の仕事だと思うのですが、日本の組織においてはこれが普通なのかもしれません。僕はこういう考えがどうしても合わ図、計画の不備で物資もないのに、若者を戦線に送り、しかも上層部は責任も取らずに逆ギレすれば住むと考える昔の軍国主義を思い浮かべてしまいます。しかしこれは外国では全く通用しませんし、無理な要求をしたければその分を対価を差し出して交渉するべきでしょう。

管理職の管理能力が低い

この意見も非常に多くありました。

僕は外資系企業で働いてきて思うのは、外国人のリーダーは一般的に責任を取れる、リーダーシップを持って決断をできる人たちばかりでした。逆に日本人の上司は、決断をしない、評価を求められるとすべて玉虫色、現場で起こっていることが理解できない、という感じでした。

キャリアアップの道筋がない

これについては、日本の本社からみれば捨て駒にしか思っていないから、上に上がるためのキャリアパスを最初から用意していない可能性が高いと思われます。

どんなに高等教育を受けた人であっても「どうせ発展途上国の人たちだから」とでも考えているのかもしれませんね。

細かいことに口うるさい

日本人は口うるさい。これは外国に住んだ方なら共感できるかと思います。

なんでこんな細かいことに目くじら立てるの?それがないと致命的な問題になるの?

と聞き返したくなるようなことばかりです。

日本の学校では、算数の試験で式の順序が少し違うだけでバツをつけられるらしいので、これも当然の結果なのかもしれませんね。

よかったこと

職場環境

職場環境がよかったと挙げる人は結構いました。職場環境がいいというのはどういうことなんでしょうね。オフィスがキレイとか、オフィスにエアコンがついているとか、そういうことなのでしょうか。

同僚

次に多かったのは、一緒に仕事をした同僚に対する肯定的な意見です。

これは日本人従業員を指しているとは限りませんが、素晴らしい同僚と仕事ができ、人生の友人となったという声もありました。

日本に行けたこと

出張や研修で日本に行く機会があったというのもよかったことの一つに挙げられていました。

やはり日系企業に勤めるのであれば、研修などの機会に日本に訪れてみたいという気持ちはありますよね。

外国企業の勤務経験

外国企業での勤務経験は、将来の転職にも行かせる可能性があるのかもしれませんね。

日系企業は人材確保が困難になる

タイに住んでいて感じるのは、日本との格差が年々小さくなっていることです。

これは体感ですが、僕が初めてタイに訪れた十数年前は、日本とタイの物価の差は6倍ほどあると感じましたが、それが今では3倍程度にまで縮まっていると感じています。

タイに住んでいると、月に100万円以上の収入を得る、平均的な日本人よりもお金持ちな人がそこら中にいます。一方で、農村の人などは現金を手にする機会が限られているため、街に出て月3万円ほどの賃金でフルタイムで働く人も多くいます。

タイ企業はもちろん、他のアジア圏やヨーロッパの企業もタイの物価と採用する人材の能力に合わせた待遇を用意しているのに、日本企業はどこか「アジアにくれば人件費を圧縮できる」くらいの感覚なのかもしれません。

日本との格差が縮まり続けているという現実を無視すれば、今後日系企業は海外での人材確保に苦しむのではないかと思いますし、僕がタイに住むタイ人だったら、日本企業を選ぶのは、他に選択肢がなくなった一番最後の時にすると思います。

-World

Copyright© dawaan , 2020 All Rights Reserved.