World

チェンマイで地元民がオススメするシーフードビュッフェ

 

先日、トムヤムクンよりもパッタイよりもタイ人が好きなエビ料理、「クンパオ」を紹介しました。

タイ人で一番人気のエビ料理「クンパオ」

タイ人はエビが好き 日本でも冷凍のエビはタイ産やインドネシア産が多いと思いますが、ここタイでもエビはやはり人気です。 タイ料理でエビを使った料理といえば、トムヤムクンやパッタイを思い浮かべる人が多いか ...

続きを見る

クンパオは家で食べるよりも、バイキングのお店で食べるのがオススメです。今回は、チェンマイでクンパオがお腹いっぱい食べられるシーフードの食べ放題のお店を紹介します。

街の中心部に近く、観光地やホテルが集まる地域からも離れていないので、チェンマイを訪れたら一度試してみてはいかがでしょうか。

シーフードビュッフェ「マオタレー」

オススメなのは、maotalay @ cnx seafood buffetというお店です。街の中心のお堀とホイケオ(ファイケーオ)通りの方面にあります。

blank

目印の看板

料金は399バーツ(2019年3月現在)で、お店の中の食べ物すべてが食べ放題です。

blank

特大のエビも含め全てのメニューが食べ放題!

コーラやお茶などのドリンクも飲み放題です。

目玉はなんといっても特大サイズのエビでしょう。料金は399バーツですが、エビやカニが食べ放題なのでオトク感しかありません。僕はエビばかり20匹も30匹も食べるのですが、それでも料金は399バーツで、もちろん何も言われません!ただし、悪質な残し方をすると罰金を請求されるので、食べられる量だけ取るようにしましょう。

ひどいお店だと、エビも食べ放題と謳っておきながら、エビがいつも不足気味なんですよ。エビがトレーに開けられるとすぐになくなってしまい、結局違うモノを食べてごまかすんですが、これは悔しいです…

その点このお店は、エビがトレーから空っぽになったのをみたことがありません。レストランの質にうるさいチェンマイの人たちに大人気の秘密もうなずけます。

blank

特大サイズのエビが食べ放題!

 

blank

マオタレーでは、テーブルごとに焼き物のグリルと、タイスキ用の鍋が備え付けてあり、この二つを使って、焼き物、鍋、焼き肉とお好みの方法で調理できます。

シーフードがメインですが、タイスキのメニューには、牛肉、鶏肉、豚肉、猪肉とあります。

ソースは、鍋に適した甘辛のバーベキューソースと、焼き物とビールに合う酸味と辛味から選べます。日本人は醤油やポン酢が欲しくなるかもしれませんが、ここのお店のソースは、他のお店と比べてもとても美味しいのでタイ人と同じように楽しんでみましょう!

blank

午後6時前に入店すると5%引きをしてくれます。

ときどき、まだ生きたままの新鮮なカニが数量限定でトレーに乗るのですが、これはさすがに競争が激しくて僕はまだとれたことがありません…

ただカニに関しては、もともとこちらで手に入るカニは沢ガニのような感じで小ぶりなもので、あまり食べるところがありません。…カニに関しては日本で食べたほうが美味しいので、僕はタイにいる時はエビに集中しています(笑)。

あと、お子様向けサイドメニューやデザートなどもあるので、ご家族で楽しめると思いますよ!

ただ注意点は、あまりかしこまった食事には利用しない方がよさそうです。というのも、ここは炭火焼で洋服に匂いもつきますし、何より素手でエビの殻を向き頬張るというスタイルなので、気心の知れている方と楽しむのが最適でしょう。

営業時間は17:00〜24:00となっています。

-World

Copyright© dawaan , 2020 All Rights Reserved.