Lifestyle

今の仕事をしながら外資系エンジニアになるために必要な英語を覚える方法

外資系でITエンジニア・プログラマになるために必要な英語力とは

外資系企業でITエンジニアやプログラマとして開発などの技術職に就くにはどの程度の英語力が必要なのか。外資系でエンジニアを20年近くやっている僕の経験をお伝えします。 外資系でも日本色の濃淡がある 外資 ...

続きを見る

外資系への転職を考えているけど英語に自信がないし、普段の仕事が忙しいから英語を学ぶ時間もないという方も多いでしょう。そこで今回は、今すぐに無料で始められる英語の学習法を紹介します。

StackOverflowなど英語のフォーラムを優先して活用する

エンジニアの方は、日に数十回、数百回とグーグル検索をしている方が多いと思いますが、ほとんどの方は日本語で知りたい内容を検索していると思います。まずはこの習慣を変えて、英語キーワードで検索するようにしましょう。

そしてStackOverflowなどの活発なフォーラムを率先してみるようにしましょう。与えられた要件に対する提案、エラーが発生した時の原因と解決策、サンプルコード、曖昧な設定項目の具体的な振る舞いなど、ありとあらゆる話題がそこでは議論されています。

個人的には一度も質問をしたことはありませんが、ほぼ毎日のように閲覧しています。

ちなみに、世界のウェブサイトのうちの60%近くが英語で書かれており、日本語はわずか2.4%程度だそうです。blank

Wikipediaより引用

英語で検索をすれば、単純計算で25倍の情報にアクセスできることになります。これは英語の学習だけでなく、より多くの情報、優れた情報にアクセスできることでもあります。

英語も上達するし、問題解決もしやすくなるしと、いいことづくめです。

英語チュートリアルやドキュメントを優先する

新しいフレームワークを学習するときやAPIドキュメントなど、まずは日本語のリファレンスを探そうとしていませんか。

日本語の情報は日本人にとってはスムーズに読めますが、情報が古かったり、翻訳の質が悪かったりするのが難点です。英語のドキュメントは公式サイトにあるけど読むのもダルい。なんて思っている方は、これを機に英語のチュートリアルやリファレンスを見るようにしてはいかがでしょうか。

僕は、社内の技術文書の翻訳や、自社製品の日本語への翻訳のレビューなどを行った経験がありますが、読みやすい文章にしようとすると大胆な意訳をする必要が出てきます。よほど原作者の意図を理解している人でない限り、第三者が文章の構造をガラリと変えるような意訳はしづらいものです。

これが「いかにも英語から訳した不自然で読みづらい文章」が生まれる原因で、時として内容が誤って伝わってしまうこともあります。

プログラミング関係の技術文書は英語で書かれているものがほとんどなので、最初から原語である英語で読む習慣をつければ、英語の勉強になるだけでなく、著者の意図を正しく理解することもできて一石二鳥です。

blank

Googleの検索言語を英語にする

英語で検索する習慣がついてきたら、グーグルの検索設定で、検索言語そのものを英語に変えてしまいましょう。

これをすることにより、英語圏の人が検索したのと同じ検索結果が得られます。

設定変更はグーグルの検索ページから簡単に行えます。下の画像のように、「設定」メニューから「言語」を選択します。

blank

検索言語の変更は「設定」メニューから

 

すると言語を変更するページに飛ぶので、ここを英語にしてしまいましょう。

blank

 

この状態で先ほどと同じ検索をすると、英語のページがトップに出てきました。

blank

同じキーワードなのに情報が英語で表示される

 

最初のうちは英語でキーワードが思い浮かばないかもしれません。そんな時はスペースを打ち込んで提案されるキーワードを見てみて、それっぽいものを選択します。

言語の設定はいつでも変更できるので、仕事モードの時は英語、それ以外の時は日本語にするなど切り替えをするといいでしょう。

PC内蔵の辞書を活用

単語の意味がわからない場合に備え、PCからすぐに辞書検索ができるようにツールをインストールしておきましょう。

Macユーザーであれば、内蔵の辞書が最強すぎるので特に何も入れる必要はありませんが、念のため、設定メニューでトラックパッドのジェスチャーの設定を確認しておきましょう。下の「Look up & data detectors」という項目にチェックを入れておくと、わからない単語を3本指でタップすると、下の画像の右側の例のように辞書がポップアップしてくれます。

blank

 

Windowsに関しては、申し訳ないですがどの辞書アプリが現状オススメなのかわかりません・・・昔はBabylonというアプリを結構な額を支払って使っていたのですが、さすがに相当な時間が経っているので今は選択肢も変わっているでしょう。Babylonは、Macの辞書のようにShift+右クリックとかで一瞬で辞書が引けるのが最大の利点でした。

技術書は英語を優先して読む

またネット検索だけでなく、技術書などを読む時も英語書籍に挑戦しましょう。

オススメはAmazonのKindle Unlimitedに入ることです。Kindle Unlimitedは、日本語の技術書はほとんどないのですが、実は洋書にはかなりの数の書籍があります。Kindle Unlimitedは日本で入っても、読み放題タイトルの洋書も読めるのがオススメです。

一冊ごとにお金を払うとなると、内容や英語が不安で躊躇して何も読めなくなってしまいますが、Kindle Unlimitedは定額で読み放題なので安心して間違いを冒せます。

またKindleアプリには素晴らしい辞書が内蔵しているので、タブレット+Kindle Unlimitedでお茶やコーヒーを飲みながら勉強タイムなんかにはもってこいです。

英語の技術系動画を選ぶ

最近はテキストだけでなく、技術系の動画コンテンツも相当増えています。

しかし残念ながら、ことプログラミングやIT関係の動画コンテンツにおいては英語一択です。あるテーマの動画が英語ならたくさんあるのに、日本語では一本もないなんてことはしょっちゅうです。

文字だけではわかりづらいチュートリアル、カンファレンスでのプレゼンテーション、無料トレーニングコースなど、日本語で探しても出てこない情報でも、英語だと情報が充実しまくっています。

動画のいいところはなんといってもリスニング力が伸びるところにあります。

YouTubeだけでなく、Udemyなどのオンライン学習系のサービスもやはり英語コンテンツが一番充実しているので、英語で直に情報を吸収する練習をしてみましょう。

YouTubeで動画を見るときは、字幕機能をフル活用して目と耳から英語を吸収していきましょう。

blank
YouTubeで英語を勉強する方法

英語学習が必要ということはわかっているけど どうしてもモチベーションが維持できない 学生時代の試験のための勉強ならば選択の余地はないのですが、独学、生涯学習として英語を学習していると、モチベーションの ...

続きを見る

インド英語の動画も見まくる

そして動画系に関してもう一つ挙げますと、技術系のコンテンツに関してはインド発の情報がかなり多いので、そうしたものも毛嫌いせずに見るようにします。

会社やプロジェクトによりますが、外資系でエンジニアになるとインド人と関わる機会は非常に多く、遅かれ早かれインド英語に慣れていかないといけません。面接官がインド人ということも十分すぎるほどあります。

僕は現在の上司も前の上司もインド人でしたし、チームメンバーはほとんどインド人、外国のプロジェクトでも顧客側の担当者もインド人なんてことは日常茶飯事です。

なので技術系の動画がインドアクセントの英語であっても果敢に閲覧して慣れていくといいでしょう。

blank
インド英語特有の言い回しと、インド英語と付き合う方法

インドの人たちと仕事をして、あの特徴的なインド英語に接するようになり 「今まで聞いてきた英語と全然違う!」 と戸惑ったり悲鳴を上げてしまったという方は多いのではないでしょうか。 僕もまさにそうでした。 ...

続きを見る

-Lifestyle

Copyright© dawaan , 2020 All Rights Reserved.