Computer

MacにJDKをインストールする方法

1. 概要

Javaのプログラムをコンパイルして実行するにはJDK(Java Development Kit)が必要となります。本記事ではSDKMAN!というコマンドラインツールを使ってMacにJDKをインストールする方法を説明します。

2. SDKMAN!とは

SDKMAN! (https://sdkman.io)は、さまざまな種類のSDK(ソフトウェア開発キット)を管理することができるコマンドラインツールです。

SDKMAN!を使うと、複数バージョンのJDKのインストール、JDKのプロジェクトごとの切り替えを行うことができます。さらにインストール済みのJDKの一覧、更新、削除もコマンドで行えるので、手動でJDKをダウンロードしたりアンインストールしたりという手間が省けます。

3. SDKMAN!をインストールする

ターミナルを開き、以下のコマンドを入力します。

$ curl -s "https://get.sdkman.io" | bash

コマンドが完了したら、一度ターミナルのウィンドウを閉じてください。

その後、新しいターミナルのウィンドウを開き、以下のコマンドを入力します。

$ sdk version

インストールが成功していれば、インストールされたSDKMAN!のバージョンが表示されます。(バージョンは異なる場合があります)

SDKMAN 5.11.0+644

参照: https://sdkman.io/install

4. SDKMAN!を使ってJDKをインストールする

続いて、JDKをインストールします。ターミナルに

$ sdk list java

と入力すると、以下のように利用可能なJDKがズラリと表示されることでしょう。

この中から一つを選んでインストールします。例えば、Azul Zuluというベンダーの11.0.10というバージョンをインストールするのであれば、

$ sdk install java 11.0.10-zulu

となります。最後の引数のidentifierのバージョンとベンダー名は適宜置き換えてください。

 

5. インストールの確認

JDKのダウンロードとインストールが完了したら、

$ java -version

と入力してください。JDKがインストールされていれば、以下のようにバージョンが表示されます。

$ java -version
openjdk version "11.0.10" 2021-01-19 LTS
OpenJDK Runtime Environment Zulu11.45+27-CA (build 11.0.10+9-LTS)
OpenJDK 64-Bit Server VM Zulu11.45+27-CA (build 11.0.10+9-LTS, mixed mode)

 

-Computer

Copyright© dawaan , 2021 All Rights Reserved.