Computer

Mac 10.15.4に更新後にSSHで8192番以上のポートに接続できない問題と対処策

Macを10.15.4に更新した後にSSHで妙な問題が発生する現象が起きることがあります。

僕自身も影響を受けていたのですが、解決策があったのでご紹介したいと思います。

発生した現象

僕の環境で起きたのは、Gerritサーバーとのgitコマンドがハングしたような状態になるという問題でした。

どうやら、Macが10.15.4に更新された時にSSHが更新され、それが原因のようです。

すべての人に発生しているわけではないものの、8192番ポート以上のポートとのSSH接続をする際に問題が発生するようです。

人によってはポート8192以下で問題が発生したりすることもあるようですが、Mac側に何らかの問題がありそうです。

僕が問題に遭遇したGerritはSSHでポート29418を使っているので合点が行きました。

対処策1 - Home Brewでopensshをインストールする

問題はMac付属のOpenSSHなので、HomeBrewのopensshをインストールすることで問題を回避できます。

対処策2 - /etc/ssh/ssh_configを修正する

最初は上記の対処策1を行なっていたのですが、後になってApple純正のOpenSSHに対する解決策があると知りました。

その方法は、

/etc/ssh/ssh_configファイルのConnectTimeoutの設定を確認し、設定が0だったりコメントアウトされている場合は

ConnectTimeout 5

という一行を書き加えるだけです。

ファイルを修正後、すぐにSSHとそれに依存しているgitの問題がなくなりました!

 

参考URL:

Apple Community Forumのディスカッション (Catalina 10.15.4 SSH port > 8192 does not work when using server name instead of IP)

 

-Computer

Copyright© dawaan , 2020 All Rights Reserved.