Lifestyle

子供に安いペンタブレットを買ってみた

2017年4月11日

子供にペンタブレットを買いました。

今は安いながらも高性能なものがあります。子供もお絵かきが大好きなようなので、楽しく遊んでほしいと思います。

今回は、購入のいきさつと買ったアイテムを紹介しようと思います。

妻の娘は絵が得意らしいと知る

今回の主役は小学3年生になる妻の娘です。「妻の娘」なんて言いぶりからお気づきりかもしれませんが、いわゆる連れ子です。しかも国際結婚なので言葉もあまり通じない状態です。

とある週末のことですが、娘はいつものようにiPadを遊んだりパソコンで遊んだりしていました。

子供がパソコンから離れたときに、妻がたまたま娘のパソコンを見たら、Windows付属のペイントソフトでなかなかの絵を描いていたのです。

これを普通のマウスで描いていたらしいんです。芸術センスゼロの僕には絵のよしあしは評価できませんが、あのWindows付属のペイントソフトとパソコンのマウスでこれを描いたのはある意味ではすごいかもしれません。

思えば、子供って柔軟性の塊ですよね。僕が子供の頃はファミコンが出たばかりだったのですが、父親が買ってきたのに真っ先に上達したのは子供の僕で大人に驚かれていたものです。今度は僕が大人世代になって子供に感心する順番なのですね。

今ではてのひらサイズで懐かしのソフトを多数収録。たまには童心に帰ってお子様と遊んでみては?

子供の可能性を信じた母親

この日は子供の絵のうまさに驚いたわけですが、この伏線は実は2年ほど前にあったそうです。当時はまだ小学1年生の娘に、妻はこんな本を買ってあげたそうなんです。

blank

外国語で書かれていますが「漫画の描き方」という内容の本です。表紙はちょっと萌え系ですが、内容はかなり本格的で構図の取り方や人物の書き方などが解説されています。

blank

パラパラめくっていくと、かなりレベルの高い内容まで紹介されています。娘はこの本を2年間大事にしていたそうです。机の上のすぐ手が届くところにいつも置いて自分で練習していたそうです。妻はなぜ漫画の本を、そしてこんな難しそうな本を選んだのかはわかりません。

お絵かきの能力を伸ばすアイデア

僕たちは見せてくれた絵に感心し、このお絵かきをもう少し助けてあげようという話になりました。

お絵かきだけならスケッチブックと色鉛筆でも買ってあげればいいのですが、せっかくパソコンで絵を描いたのだからここから何か次のステップへつなげたい。

その時ふと、昔コンピュータのグラフィックデザイナーをしていた人たちがペンタブレットを使ってコンピュータで描画をしていたのを思い出しました。

またiPadからも「iPad Pro」という新モデルが出て、それでペンデバイスを使えるのでいろんなことができるはずだと思い、みんなでネットを検索しながら検討しました。

iPad Pro + Appleペンは却下

まず、iPad Proはすぐに却下になりました。理由は高すぎるからです 😭

YouTubeなどで動画を見るとたしかに素晴らしいとは思うのですが、本体も高いしペンもなかなかの値段です…

新しいiPad Proならばお絵かき以外にもいろいろできるのはわかりますが、iPadはすでに一つあるので、これだけのために新しく買う理由にはなりませんでした。

ワコムのペンタブレットで即決

次に出てきたのは、ワコムのペンタブレットです。

思えば、僕が昔見たデザイナーの仕事をしている人が使っていたのもワコム製品でした。当時は確か3万円くらいで、何段階だか忘れましたがすごく繊細に筆圧を感知できるといっていたのを記憶しています。そんなわけで安心のブランドです。

そして子供向けのエントリーモデルがないか検索すると、ぴったりの商品が出てきました。

値段が1万円以下とお手頃で、子供の入門には十分な機能がついています。

ワコムからはエントリーモデルだけでなく、高機能で高額なものもあるのですが、いきなり3万円超えのプロのクリエイター向けのデバイスを買うのは抵抗があります。

初心者には高すぎるし、もし使いこなせなかったらもったいないし… 最初はエントリーモデルで慣れてもらって「これではもう足りない」というレベルになったら、今度こそ最高のものにアップグレードするのがいいという結論になりました。

いざ結論が出たら購入ですが、僕たちが住んでいるのタイで、問題はこれがタイでも買えるかどうかです。僕はタイのローカル情報の検索ができないので、上の子に頼んで検索してもらうと売っているお店がすぐに見つかりました。

すぐにそのお店へ向かうと… ありました!

blank

携帯電話ショップなのになぜかペンタブレットが山積みになっています。

値段は2990バーツ。日本円に換算すると1万円弱です。日本よりも若干割高ですが日本で買って輸送することを考えたら安上がりです。

せっかく楽しみにしている娘もいますし即買いしました。

実際にペンタブレットを使ってみた

そんなわけで、ワコムのペンタブレットを購入し、娘に使ってもらいました。ワコムのペンタブレットを使って最初に描いた絵を紹介しましょう。

blank

blank

初めはペンを操作するパッドと画面が違う場所にあるので戸惑っていましたが、すぐに線を引けるようになっていました。

何のキャラクターかは僕にはわかりませんが、上の2枚の絵は最初の30分くらいで描いたものです。

これが子供の絵としてレベルが高いのかどうかはわかりませんが、初めて使ってここまでできるとは思っていなかったので驚きました。

妻も感心していましたし、娘も喜んでいるのでいい買い物をしたと思っています。

関連記事

この記事公開当初、Apple PencilはiPad Proでしか使えなかったのですが、今では低価格版のiPad、iPad AirでもApple Pencilが使えます。Apple Pencilの「じかに書いている感」はやはりペンタブレットとは比較にならないので、もう少し予算がある方はiPadも検討してみるといいと思います。

blank
子供のお絵描き用にiPad AirとApple Pencilを買ってみた

先日、中学一年生の子供にiPad AirとApple Pencilを買いました。 じつは以前、この子に安いペンタブレットを買ってあげたのですが、あれからもう3年が経っていたようです。時が経つのは早いで ...

続きを見る

-Lifestyle

Copyright© dawaan , 2020 All Rights Reserved.